資金援助をしてほしいと思ったら、どこの誰に相談しますか。

現状把握は?

個人の場合の資金調達

お給料が入っていると思ってお金をおろしにATMに駆け込んでも、支払いに吸い取られてしまうこともありますよね。
光熱費やカードの支払いなど、現金でなく口座からの引き落としだと、入出金の把握をしておく必要もありますよね。だって、食料品を購入するお金がないなんてことがあるといけないでしょ?現状はどんな状態なのか、把握しておく大切さを痛感したこともある私です。
なので、私の失敗をみなさんにはしてほしくないのよね。え?もう、遅いって?でも、大丈夫。
安価な食材を探せばあるよ。また、賄い付きのバイトを探してみるとかね。何らかの方法は必ずあるのよ。
そのためにも体力は必要ですよね。
しっかりをご飯を食べて体力をつけておきましょう。

会社としての現状は?

従業員を抱えている場合なら、お給料を支払わなくてはなりませんね。従業員の生活の一部を担っているとすると、これは責任が重大です。
とは言っても、ない袖は触れないですよね。
そんな時に、資金援助してくれるところがあるとすればヤミ金?って思たりもしてしまいます。そして「これだけは避けたい」と思ってはいても、「その方法しかない」と思い込んでいると手を出してしまいますよね。
その気持ちは、経験した人でないとわからないのだろうけれどね。
また、現状に目を向けるということも、とても勇気の要ることだと思います。成功していたり、賞賛を浴びルナら想像できるけれど、その逆だからね。このような気持ちを持った人なら資金援助や資金サポートを申し出ることも苦しいでしょう。