資金援助をしてほしいと思ったら、どこの誰に相談しますか。

お金の話って、あんまり気持ちのいい話ではないよね。

個人の生活費

個人の生活費は、家族に頼るしかないのでしょうか。それとも、クレジットのキャッシングで補いますか。私の経験としてキャッシングでの一時凌ぎは、とても楽ですが、大変なことになってしまいました。
返却できないでいると、新たにカードを作れないのですよ。
そして、それからの人生において、クレジットカードを持たない生活となります。これは、少々、不便ですね。
例えば、飛行機の確約チケットを購入しようとしてもコンビニ払いができなかったり、安価なレンタカーもクレジットカードでの支払いだけであったり。
また、様々な事柄は、クレジットカードの決済でという場面が多いですからね。クレジットカードがなくても生活はできるのですが、ちょっと残念なことが多くあります。
もともと、クレジットカードの便利さを味わったことがない人なら、ナンテコトないのでしょうがね。

事業資金の場合

個人の事業主だと、とても大変ですよね。しかも、相談できる人も限られているコトでしょうし。経営者は孤独だというコトでしょう。
その孤独を埋めるために、会合に参加して切磋琢磨しているのでしょうね。
また、やりたいことがあったり、経営の目的があるからこその事業です。そしてそれを実現するためには、元手が必要となってもくるのですよね。いい案はあるのだけれど、どうやって実現すれば良いのかわからないというコトだと、いろんなところでの相談の窓口もありますしね。
でも、どうやって資金調達をするのかのアドバイスはあっても、実際に決済を下すのは、金融機関であったりするのよね。
その金融機関の人が見て、納得できるような事業計画も必要となってきますよね。
そこは、専門家の人や無料の相談窓口を活用することがいいのでしょうか。